私の旅と勉強の記録

MENU

【えらてんさんのしょぼい起業で生きていくを読んで】将来ブックカフェか自習室かコワーキングスペースをやりたい

しょぼい起業で生きていくを読んで

こんにちは。

最近こちらの本を読みました。

 

私がえらいてんちょうさんを知ったのは1年くらい前でYoutubeを徘徊していたら、「これはやばい宗教〇選」みたいな動画を発見してこれは面白いと見たことがきっかけでした。

 

それから、Twitterでもフォローをするようになり、えらいてんちょうさんってどんなてんちょうさんなんだろうと思い、この本に興味を持ちました。

 

中身としては、働いていくのがつらいと感じている人がいたら、無理して働かなくてもいろいろな選択肢があること、そしてその選択肢のひとつに起業があると。

 

起業といっても、小さなスケールから始めていって、地域に溶け込むようなお店の運営をすれば大きなお金を溶かすこともないし、続けていけるといった提案をしている本でした。

 

起業に興味がある私

起業といったら大げさかもしれませんが、自営業にも興味があります。

というのも、私の父親が自営業で、小さな頃から父親が働く背中を見ているからです。

自営業は、なにもかも自分でやらないといけないですし、休んでいるのを見たことがありません。

 

だから会社員とは全く違うものなんだろうなとは思うのですが、自営業にも興味があります。

 

えらてんさんの本を読んで改めて自分でお店を営んでみたいという気持ちが強くなりました。

 

私が考えていること

私が興味があるのは、子供たちが格安で自習できる場所を作ることです。

現在、地元では、自習をする場合が、塾に通っていれば、塾の自習スペースを借りれますが、ほかの選択肢が図書館か、公民館か、一ヶ月1万円くらいをはらって自習室を借りるか、といったくらいしかありません。

 

週末に勉強をしようと思ってもあまり場所がないし、アクセスも悪く、結局近所の電源のないカフェで少し粘るみたいなことをしています。

 

最近では、ちょっとしたコワーキングスペースができたようですが、これも中高生には使いにくいのかなあと思ったりします。

 

もちろん、中高生に限らず、電源付きで、週末に資格の勉強を頑張る社会人の方も気軽に利用できるような電源付きの自習スペースを作りたいのです。

 

そのためにが資金が・・・とか場所が・・・とかいろいろ思っていましたが、今回こちらの本を読んでなんか、あまり重く考えなくてよさそうだなと思い始めました。

 

叶えたい夢

自分自身が勉強することが好きで、勉強がきっかけとなりいろいろなチャンスを手にすることができたので、もっとこの機会を深くしていけるような場所を作りたいなと思っています。

 

ブックカフェでもよし、自習室でもよし、とにかく勉強好きな人や、何か目標に向けて頑張っている人がリアルに集まれる場所ができればなと思います。