私の旅と勉強の記録

MENU

オンライン英会話の効果を2倍、3倍にする勉強の仕方

f:id:hananamoney:20180421122920j:plain

  

こんにちは。

オンライン英会話を始めて2か月。前回は、オンライン英会話の中身についてシェアしてみました。

 

hananamoney.hatenablog.com

 

 

今回は、オンライン英会話の受け方について気づいた点などを書きたいと思います。

なぜかというと、自分自身、一番最初にレッスンを受けたときと自分がどう変わったのか、と考えたときにふと何も変わっていないんじゃないか?と感じているからです。笑

 

・英語の聞き取りレベルは以前と変わらない。

・話したいことはスムーズに出てこない。

・先生との会話のペースも依然と変わらない。

 

いや、たった2か月でそんな変わるわけないでしょう、と自分でも思いますが、オンライン英会話を受ける際の落とし穴に気づいたのでシェアします。

 

 

 

陥りがちな、オンライン英会話を受けているという自己満足

 これはオンライン英会話をせっかく受けているのに非常にもったいないと思います。

そしてこの二か月間、自分自身がこれに陥っていたと思います。

先生の言うことも理解できているし、自分のスピーキングもなんとか話せる簡単な言葉で会話できている。お、英会話力だんだんとついてきているんじゃないかな!?と少し調子にのってしまいます。笑

 

しかし、レッスン中は、

「こういう言葉で本当は言いたいんだけど・・・」

「頑張って!って英語でなんていうんだっけ。」

「救急車って単語なんだったっけ。」

と考えます。

 

しかし、その場しのぎで、「I want to~」「Yes, that's all.」などの簡単な言葉を使ってしまいます。

 

そして、その時に言えなかった言葉がなんだったかは、レッスンが終わったあとはすっかり忘れているのです。

(言えないフレーズを察知してくれ、チャットボックスに書き残す先生は実際はあまりいません。)

 

オンライン英会話は、実際に言えなかったフレーズ、表現を取得してはじめて受ける意味があると思います。

 

レッスンの目的をはっきりとさせる

話したいのか?聞き取りたいのか?どういう目的でレッスンを受けているのか?は自分の中ではっきりとさせておく必要があります。

 

話したい場合は自分の中に今まで知らなかったイディオムや単語が蓄積され、次回使えるようにならなければなりません。

 

聞き取りたい場合は、先生の言うことがわからない場合は改めて聞き直し、チャットボックスに入力してもらうなど工夫をする必要があります。 

また、何か月か後には先生にゆっくり話してもらわなくても聞き取れるレベルになっている必要があります

 

その他、ビジネス英会話を学びたいのであれば、自分の専門とする分野の単語等を知り、体得し、実際のビジネスで話せるようになることで目的が達成されたといえると思います。

 

予習・復習の大切さ。特に、レッスン後の復習が大切

 オンライン英会話はレッスン時間は大体30分程度。毎日英語に触れる、という意味では、話さないよりは効果はあると思いますが、より効果を高めるためには予習・復習が非常に大切になってきます。

とすると、英会話力を身に着けるためには一日30分ではなく、一日30分プラス予習・復習の時間は確保する必要があると思います。

 

特に必要なのが復習。

実際、オンライン英会話を受けてみて思うのは、思っていた以上に英語がスムーズにでてこないな、ということです。

 

理由は単純で、フレーズ・単語を知らないから。(ある程度の文法能力はある前提です。)

だから、受ける毎にできなかったフレーズや単語を自分の中で復習し、蓄積させ、自分の中で使えるようになる必要があるのです

 

 当たり前のことかもしれませんが、オンライン英会話の自己満足に陥っていいた自分自身のためにも、今回振り返りました。

 

オンライン英会話の効果を2倍、3倍にする勉強の仕方

① 【復習】言えなかったフレーズを書き留める。

オンラインで、会話をしているとき、頭には浮かんでいるのに英語ではなんていうんだっけという言葉は自分が普段の生活でもよく利用する言葉です。

その言葉を英語で言えるようになれば自然な会話ができるようになるでしょう。

 

(例)

・さっきまで→until a while ago

・頑張ってください!、頑張ります。→go for it, to do one's best

・しょうがない→it can't be helped

などなど・・・

 

やり方としては、オンライン英会話の会話を録音し、聞き直すなど。

録音機能がもとからついているオンライン英会話サービスもあります。

(サイトをスクロールしていくと、レッスン録画のサービスの紹介があります。)

 

www.cambly.com

 

また、スカイプを利用しているオンライン英会話については、スカイプの録音機能を使って復習する方法を紹介しているサイトもありましたので、参考に載せておきます。

ドンの【なるほど!オンライン英会話講座】⑩スカイプ英会話で録音の活用法 | 俺のセブ島留学

 

② 【復習】レッスンで出たフレーズを使い、自分なりの文章を作ってみる

レッスンで出た単語は、自分にとって初めての単語です。

また、例文もあまり自分の生活になじみのないものだと思います。

そこで、習った単語を使って自分の言いたいことを作ります。

 

(例)

あなたは、新しい単語として、

be supposed to (~することになっている)を学んだとします。

例文は、He is supposed to arrive at seven.(彼は7時に着くことになっています。)

あまり自分では使わなそうなフレーズですね。

 

では、日常で使えそうな例文をネットや辞書から探してきましょう。

 

・What am I supposed to do?

 私はなにをすればいいのですか。

・What (the hell) is that supposed to mean?

 それっていったいどういうこと?

 

これらは、比較的、日常で口にする言葉だと思います。

次回、日常でそのような場面に出くわしたときは、英語ではなんていうんだっけ・・と思い返してみてください。

思い出さなければ、身についていないということです。

これが、オンライン英会話の英語を身に着けていくポイントだと思います。

 

③ 【予習】レッスン教材の中で、知らない単語・フレーズがあればピックアップしておく。

 

個人的には、予習にはそれほど時間をかけなくてもいいと思います。

オンライン英会話では、講師が質問をしたり会話をしたりすることに対し、リアルタイムで回答しないといけないので、予習に時間をかけても、おもったような回答ができなかった・・・ということが多いと思います。

 

ただ、単語やフレーズを事前に調べておくことで、準備を事前にしておくというのは、会話をスムーズにするためにも必要だと思います。

 

 

以上、オンライン英会話の効果を2倍。3倍にする勉強の仕方という内容でした。

また来てくださいね!